読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遅刻

美容院を朝の9時から予約を入れていたのに、手帳にもきちんと書いていたのに、その手帳も前日見直していたのに、朝になったらすっかり忘れていてしまい、のんきに植木の水やりをしていたところ、美容師さんから電話を頂いて、事を思い出した。

汗が吹き出た。

急いで支度をして向かい、ヘアカットは間に合ったが、カラーリングは諦めざるを得なかった。

何より、こんなこと初めてだった。遅刻をするなど。予定を忘れるなど。

手帳好きの自分は、実のところ、手帳に書かなければいけないほどスケジュールがたくさんある、というタイプでは全くなく、書くことそのものが好きなだけで、どこかに出かけなければいけない用事などは、全部頭に入っているのです。

どこか、気が抜けている。集中力が落ちている。

自分らしくないよ、反省しろ、と肝に銘じた。