読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分だけの時間

懐かしい友人達に会った。

ワーキングマザー、専業主婦、そして私。私だけ吞気なサラリーマン。

50歳を目前に友の前で語る言葉は、皆、いい意味で力が抜けていて、違う環境に生きる友の話を聞くことができたと思う。少なくとも私はそうだった。

お子さんも中3、高3、大学2年と、以前よりも子育てに手がかからなくなってきているとのこと。皆、夜にも出歩けるようになったらしい。

10年前だったら、途中、退屈な時間もあったかもしれない。私を含め皆、自分の話をするだけで精一杯だったことだろう。

時間、まだ大丈夫?

という私の問いにも、ええ、まだ大丈夫よ。

と返ってくる。

友は、自分だけの時間がある喜びを語っていた。

私も、その喜びを享受できた。