21冊目の宝物

私は、プライベートの手帳と会社用とは、分けて使っています。新人の頃から試行錯誤を繰り返して、1994年からはこのスタイルに定着しています。現在はパソコンでスケジュールをメンバーで共有するのは当たり前になっても、私は従来の手書きの手帳も書いています。気持ちが落ち着くからです。仕事で唯一の宝物です。

f:id:ways0501:20140127142752j:plain

コレクトのウィークダイアリーD51

f:id:ways0501:20140126215337j:plain左ページに予定表を。右ページは雑感、作業手順、メモなど。