読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灯台の時間 2013夏

年に何度か、自分の頭の中を整理したくなることがあります。
私は手帳を書くことは好きなので、日々の記録や予定、感想などは、思いつくがまま手帳に書き込んではいます。
でも、それよりももう少し規模の大きなもの、未来に向かって考えているものが頭の中に増えてくると、少し整理整頓したくなるのです。頭の中のテーブルをまっさらにして、自由なスペースを増やしてあげるのです。

私は、その作業を「灯台の時間」と呼んでいます。真っ暗な海でも安心して航海できるように灯台が船を導いているように、灯台の時間は、自分自身を未来へ導いてくれる道しるべになってくれているのです。

その時は、ふだんの手帳では物足りないので、少し大きめの手帳に書いています。思いつくがまま何ページにもわたって、バーっと書いていきます。前ページに書いたことを、次のページでは実現できるようなレベルに絞り込んで、自分の気持ちに折り合いをつけ、自分の持ち時間を調整して…みたいな。

今回やってみて感じたこと。
以前の自分は、絞り込むまでもっともっと時間がかかった気がします。寝る時間が少なくても元気なタイプだったので、起きている時間はもっともっと動いていたい、と思ってやりたい事を削れなかったのです。
今回は? 「身体は一つ」「1日は24時間」をとても意識しています。誰にでも平等で自分では変えることができない事なのに、若い時は気がつかない。今は「腹をくくる」ことも覚えましたので、余白の時間も大切な時間だと知っています。




スヌーピーモレスキンは、3年前に買ったもの。大小4冊を購入。最後の1冊になってしまった。

思いつくがまま自由に書いていきます。ここから広げたり、また絞り込んだり。