読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20歳


アメリカ横断ウルトラクイズ」というテレビ番組があった。
友人が、アメリカに旅行に行った時の帰路の飛行機で、番組スタッフの一団と知り合いになったのがきっかけで、何度か飲みに行ったことがあった。合コンのようなものである。彼らは20代〜30代の社会人。私たちは学生。遊ぶ場所も遊び方も何も知らない女子大生は、よくパブやスコッチバーに連れて行ってもらった。カラオケボックスなどない時代であったから、歌を歌いたい時は、お店の人に言って前のステージで歌う、というのがカラオケのスタイルだった。業界の人だけあって、必ずと言っていいほど、音楽が流れる店に行く。ある時、店員が全員外人というライブハウスっぽいバーに行ったのだが、一緒に行った彼らの一人が、一曲リクエストした。前のステージで、黒人の方が何人か出てきて、この歌を歌いだした。「あ、これって、ダイアナロスとマービンゲイが歌っていた曲ですよね。」「そう。でも今日は、The Stylisticsに近いかもね。」「スタイリスティックス?」

20歳の頃は、無我夢中だったのかな? それなりに女子大生ライフを送っていたと思うけれど、あまりよく覚えてないもんですね。
その時の彼らは今何してるのかな…? 翌年、ウルトラクイズのスタジオ観覧に来て、と頼まれて行ったりしたけれど。彼らの一人は、すっかり出世してしまい、番組のテロップに責任者として名前が載るようになってしまった。

25年以上も前の話です(笑)