「やめたいけど、やめられないこと」

  • 笑えないところから。会社かな?

学校を卒業してから、ずっと同じ会社で働いています。リストラの目にも遭わないで今までこれたのは感謝しています。でも本音を言うと、楽勝!と思ったことは一度もなくて、働く時間も自分にとっては長いと思っています。毎朝5時に起きて6時に家を出て7時から働いています。フィットネスクラブに通うようになって、帰りは20時で終えるように努力していますが、結構必死です。土曜日の出勤で埋合せをしています。若い時、特にバブルの時代は、もっともっと働く時間は長かったので、何のために働いているのか…と悩んだ時もありました。私は、仕事をバリバリやりたいのではないのです。どちらかと言えば、趣味や家事をきちんとやりたいタイプなのです。定時出退社をして、家に帰ってからはきちんと家事をして、その後趣味をして…。なんて姿が自分にとって働く理想のイメージです。歳を取って、自分のいる環境を受け入れる気持ちになってからは、いい意味で「あきらめる」ことが出来るようになりました。世の中には、働きたくても働けない方がいる中で、自分の言っている事などわがまま以外の何ものでもありませんし。今となれば、時間は自分で作る!という覚悟がいつもどこかにあるのは、経験で得た大切な感覚、だと思っています。でも、でもね…、本当は…。

  • 現実は、ばかうけ「わさび」

ばかうけのわさび味が好きです。やめられません。


  • 憧れは、ペン字でこんなつぶやきをしてみたいな。

ひらがなの「を」を朝から書いているのだけど、なかなか上手く書けなくて、気が付いたら夕方になってたわ。いつもそう。毎日「ペン字」に夢中になってしまって、ちっとも他のことが手につかないの。こんなことなら、もうペン字は止めなくちゃいけないのかもしれないけれど、止められないのよね〜。・・・言ってみたい。