節電対策

今日、LEDの電気スタンドが一人ひとりに配布された。
7月から、どうしても以外の所は、会社内の電気を一切付けないようになるからだ。

これまでも節電対策として、エレベータは4基のうち半分だけ。廊下の電気は付けない。蛍光灯の数は3分の1にしたり、エアータオル、ペーパータオルの廃止をしてきている。自動販売機は半分になり、ホットのものは一つもない。GWが始まる時には、既にこの体制にした。

このところ堪えるなあと思うのは、冷房の温度。
すごく暑い。みんな団扇や扇子をいつも手にしている。お昼ごはんを食べた後は特にそう。金融庁が業界に対して、エアコンの設定温度を30度以上にと促しているのもあり、会社としては頑張って応えようとしているわけだ。

でも、30度って…。
かなり厳しい。金融庁もすごいことを言ったもんだ。

やれることはやらないと。皆、闘っている。