灯台の時間

予定していた打ち合わせが急遽キャンセルになり、19時で仕事を終わらせることが出来た。嬉しい。神様、最高のクリスマスプレゼントです。ありがとう! さて、どうしようかな…。そうだ!カフェに寄ろう。久しぶりに「灯台の時間」にしよう。30分でいいのだから。

なんてことはない。今自分の頭の中にあること、例えば、「やりたい事」「やらなければいけない事」「その優先順位」などを、少し飽和状態になりつつある頭の中から取り出してあげる=手帳に書き出す作業、を行うのだ。焦るような気持になるのは、片付かない頭のせいで、先の見通しが立たなくなったからなのだ。忙しくても、すっきりした頭になっていれば、何とか物事はこなせるはずなのだ。

そんな時は、頭の中の棚卸しをするのです。それが、私にとっての「灯台の時間」です。

コーヒー一杯で、一気に書き上げました。どんどん、どんどん出てきました。
・美容院の予約をする。いつ?
・年賀状、来週投函。残り二枚→今週末書き上げる。
・住所録メンテナンス
・ベランダの植木掃除
・乾物の注文(椎茸、かんぴょう、パスタ、ホールトマト)
・中華街に買い出し(ザーサイ、きくらげ)
・SK-Ⅱの結論を出す。
・マンションの書類を提出(1/6締切)
・クリスマス会の準備 ①料理何にするか②プレゼント女性3人③飾り・カード→丸善へ見に行く
・年末ジャンボ購入。大安いつ?
・ペン字の勉強…教科書p5→〜12/19 添削→〜12/25 級位→〜12/30 12/末までに提出
・12/23の予定を立てる。
・掃除計画…捨てる月間→週末は徹底して「捨てる」 優先順位を考える。


僅かの時間なのに、この何倍もの書き出しが出来ました。この後は、もう少し因数分解して、さらにスケジュール帳に落とし込み、より具体的なシフトを組むようにしたいと思います。