迎春

皆様のご健康とご多幸をお祈り申しあげます。

 

f:id:ways0501:20161231143929j:plain

f:id:ways0501:20161231144252j:plain

f:id:ways0501:20161231143523j:plain左は、母の押し花の新作。少しの間だけ借りました。

f:id:ways0501:20161231154853j:plainこちらも母の新作。しばらく貸してくれるという。

 

2016年最後

昨日が仕事納めでした。

今年は、働く環境が変化しました。労働時間が短くなりました。

その分、気持ちにゆとりができ、視線の位置が高くなりました。

自分の体力、気力も含めて働ける環境に感謝することができるようになりました。

来年は、“生まれた時間”を 自分自身へフィードバックしたいです。 

 

f:id:ways0501:20161231095149j:plain

お正月の花を、勤続表彰でもらったバカラの花瓶で洋風にしてみました。

洋ラン・スイートピー・千両・柳(金粉)・竹(銀粉)

 

花屋は決めている。店主のセンスや自由な発想を魅力的に思っている。

「洋花でもいいと思うの。 好きな花を選んで新年をお迎えしましょう。」

自由。一番それが難しい。

華やかさを出したくて洋ランにした。そして、自然とピンクのスイートピーを選んだ。たぶん、今の自分の心が以前より軽やかになっている証拠だと思う。

 

最後に、定期的にご訪問下さった方へこの場をお借りして感謝申し上げます。

ありがとうございました。

皆様もどうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

3%のけじめ

年末の大掃除は、ここ何年も、一つだけしかしていない。

「拭く」のみ。

玄関、たたき、窓、床を 雑巾やモップで拭くことしかしていない。

人様の大掃除の3%しかしてないが、ごく僅かでもケジメはつけたいと思っている。

 

f:id:ways0501:20161230234732j:plain

こだわりとしては、雑巾は水拭き用も乾拭き用もおニューを使用する。

お試し

先月の終わり頃、赤い手帳「EDiT 週間ノート」を購入した。

f:id:ways0501:20161126000805j:plain

 これまで料理のレシピや弁当の記録を、普通のノートに書いていたが、来年からは週間タイプの手帳に変えようかなと急に思い立ち、購入した。

試しに少し書いてみると、何だか違う…と感じた。書いていて面倒臭いが先に立ち、ワクワク感がちっともなかったのである。

私は手帳好きだが、ペン字を習っているにも拘らず、速さを優先する。極端な言い方をすれば、殴り書きで一気に書くのが好きで実際もそうしている。また、ゴテゴテとシールを貼ったり4色ボールペンをフルに使って、うるさい紙面にしている。

だから、面倒臭いのはとにかくダメ。ワクワクしないのもダメ。残念ながら、料理用の利用は諦めた。

で、その手帳をどうするか。実は、この赤い手帳は少々お値段が高かったのだ。値札を見なかったのがいけないのだが、自分の想定の倍もしたのだ。

何とか別の方法で利用できないか?

ということで、ペン字の稽古や教室の記録用として利用してみてはどうかと考えた。とりあえず記入してみたが、これくらいのボリュームであれば全然問題ない。今のところ、シールもなし、色も抑えめだが、ストレスは特にない。逆に今後、どんな形で自分のスタイルに持っていけるか、少しワクワクしている。

1月からはこれでやってみよう。

 

f:id:ways0501:20161230015850j:plain

f:id:ways0501:20161230015832j:plain